子どもにはセックスのことを「知ってほしくない」ママへ

自分の子どもには、セックスのことを、知って欲しくない…
あまり興味関心を持って欲しくない。
と、思っている方が大多数だと思います。

親子ほど信頼関係があったとしても、
性的なことを、話すのは
かなり抵抗がありますよね。
つまりそれは、夫(妻)との関係を伝えることになるわけで…

「自分たちのしていることを、知られたくない。」

その気持ちは、すごくよくわかります。

でも残念ながら…
子どもも、いつか年頃になれば。

「自然に」?知ることになるんです。

で…。

問題は、ですね
その「自然に」という情報元です。

きっと、今は親となったご自身も…
身に覚えがあるのではないでしょうか?

たぶん、お友達やカレシから回ってきた
何らかの…情報です。
昔は、Hなマンガや雑誌でしたよね。

現代っ子は、ネット上の動画が無料で
バンバン流れ溢れています。
「年頃に」なる前から視聴できちゃいます。
興味が湧くのは本能ですから。

我が子が、
セックスのことを初めて知る
第一印象が、アダルト動画。

それが当たり前の時代になっていますが、
本当に…それで良いのでしょう…?
(別にAVそのものを否定しているわけじゃないです。子どもに関しては、という意味)

ほんとうは…もっと、
性のことって、
神聖で大切なことではないでしょうか?

わたしは中高学生の頃…
性的なことが、まさかそんなに大切にすべきことだとは、知りませんでした。

でも、実際は…
健康や、命、
生涯の幸せに関わることです。

その子が、自分の身体を大切にし
素敵なパートナーと愛を育み、
幸せを感じて生きていく大人に育つために、

性の知識と、イメージ(印象)を
誰が、いつ、どのように与えるか次第です!

意外に思われるかもしれませんが…

子どもには、実は
できるだけ小さい頃から
自分の身体のことを知ったりすることから性の学びをはじめて…
日々の生活の中で、少しずつ
自然に教育していくことが良いです。

例えば絵本を活用したりして、
小さい頃から、動物の交尾を学ぶ時に
人間のセックスや妊娠についても一連の流れとして教えるのがベストだと助産師さんたちもおっしゃっています。

わたしが思うには、その性の話をするときに…
メカニズムだけではなく、ぜひ
心のこと…
人の「気持ち」の部分を含めて、お父さんお母さんから愛のことを話をして欲しいのです。
ご自身の感情を込めて…。

わたしたち大人が
そんな風に、親からしてもらわなかったから…
ちょっとイメージつかないかもしれませんね。

「寝た子を起こすな」状態で
そっとしているうちに
あっという間に大きくなっちゃって

今さら照れ恥ずかしくて、
面と向かって、改めて性のことを話すなんて
無理~~~!って
思うかもしれません。

そこで
まずは、ちょっと自分自身が、
性のこと、学んでみませんか?
ヒントが得られるかもです。

お父さん・お母さんから
子どもに大人へ成長してきている
お祝いとして…

愛のことを伝えることができたら、
子どもにとって一生心に残る、
最高なプレゼントになると思いますよ。
そして、必ず将来、感謝が生まれることでしょう^^*

オンライン大学「養生大学」でビデオ講師しています。
詳細は「養生大学」へ>>>

内田登代紀が、どんな人物か雰囲気知りたい方は…
まずは、こちらの無料講座へ来られてみませんか?

性と布ナプキンのお伝え係  
内田登代紀による 
「女性の身体と布ナプキンのお話会」
●女性ホルモンのバランスを活かした生き方
●布ナプキンの使い方
●「おんなのこスキル」経血の出し方なども教えてます!

毎月2回開催中★参加無料★
開催日やお申込み方法など詳細はこちら>>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です