外性器デリケートゾーンの洗い方

こんにちは。フェムケアお伝え係、内田とよきです。


あっそこ…もしかして
●テキト~に洗っていませんか?

あるいは…
●ボディソープでしっかり!と…「わしゃわしゃ」洗っていませんか?

↑実はどちらもNGな洗い方です。

いい加減にチャチャっと洗っただけでは…

垢や、排泄物やおりもの、トイレットペーパーくずなど…
付着していた汚れがきれいに落とせずに
陰毛やひだに溜まってそれがニオイの元になったりする可能性があるので

ちゃんと正しい洗い方で洗うことは大切だと思います。

でも、石けん・ボディソープは使わないで!

今フェミニンケアとか流行って

色々出てきて何か使わなきゃいけないんじゃ?
と焦る人もいるかもですが

はっきり言って、【不要】です。
(↑商売の方、ゴメンナサイ )

流温水が、どなたにも一番、刺激が弱く安全ですし、
実はそれで充分、汚れは落とせます。

でも、どう~しても…何かで洗いたい!場合は、

時々ならば、デリケートゾーン専用の石けんなどで
やさしくケアするのはありかもしれません。

(うちも直営ショップで、泡立たないオイル系のものは、ご案内してます。)

とにかく普通の身体洗いのボディソープや
普通の石けんは使わないようにしましょう。

弱酸性とうたって、さも肌に優しいイメージでも…
合成界面活性剤が添加されていたりします。

それにどんなに「デリケート用」だとしても…

「使わない」のと比べれば、刺激物です。

何度も言いますが
本来なら、毎日のケアは、お湯で充分。

しかし、その代わり…洗い方には
ポイントがあります。

デリケートゾーンは、しっかりと洗うべき場所の
ポイントは3か所!


①陰核(クリトリス)尿道付近

②小陰唇と大陰唇の間のみぞ

③肛門のシワ以上です。

①と②は大陰唇をちゃんと開いて、指の腹でお湯をかけながら洗います。

③は後ろからお湯をかけ流しながら、後ろ手に肛門のシワをちゃんと洗います。
「膣」は、洗いません。
ましてや指を入れて洗ったりしては…NGです!

膣内には「デーデルライン桿菌」といって乳酸菌の一種が雑菌などから守ってくれるよう常在してくれています。

ふつうの石けんの使用や、ウォシュレットなどでの「洗いすぎ」によりそのバリアが弱まってしまう可能性もあるので
洗いすぎや
「膣内洗浄液」の多用は、
要注意!

一日1回お風呂でしっかり温水で洗い流す。

本来、それだけで充分に清潔に保てるはずです。
(ウォシュレットも、大をした時…くらいでいい。)

ママ、どうか女の子の子どもさんにも、
この洗い方を教えてあげてください。

ご紹介した内容は、婦人科の先生から教えていただいた洗い方です。

#デリケート#デリケートゾーン#フェミニンケア#フェムケア#フェミニン#デリケートゾーン洗い方#陰部洗い方#性器洗い方#布ナプキン#ufufuwa#うふふわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です